ロードバイクpinarello駆るオヤジのインプレ日誌

Pinarello Gan RS Blog

ロードバイク

Vittoria CORSA(ヴィットリア コルサ)

更新日:

Pinarello Gan RS完成車にはフルクラムレーシング7のホイールにvittoriaのザフィーロが装着されています。ほぼ1年間ザフィーロを履いて(走行距離は屋外で3000kmくらい)、まだまだ乗れる状態でしたが、1年経ったのでボチボチというタイミングでしたので、タイヤをVittoria ヴィットリア CORSA コルサ(クリンチャー700x25c)に変更してみました。

 

 

 

比較

Meridaのアルミフレーム車に乗っていた時は、 Continental(コンチネンタル) GRAND PRIX 4000 S II (700x25c)を履いていました。このタイヤはパンク耐性に優れ、グリップ力も十二分なので、なるしまフレンドの多くの先輩方も使われていました。自分的にはとても満足度が高く、こちらも1年間乗ってパンクをしたことはありませんでした。また、車の方のタイヤも同様にブラックチリを配合したコンチネンタルなので、お気に入りでした。

ただ、pinarello GAN RSのタイヤ交換にあたっては、フレーム自体が相応に固いので、タイヤとホイールは柔らかなものを選んだ方が全体的にバランスが良いのではという視点と、今度は別のタイヤを試してみたいという気持ちもあったので、超硬スパルタンタイヤのコンチネンタルGRAND PRIX 400SIIは避け、ヴィットリアのコルサを選択しました。

 

インプレ

まだ、ロングライドを2、3回した程度ですが、次のような印象です。

1)乗り心地

ザフィーロに比べ数段改善された印象です。8barくらいで乗りましたが、以前は路面の凹凸がダイレクトにガクンと伝わっていたのが、衝撃が吸収されるような感覚、もしくは衝撃をいなすような感覚で、非常にマイルドな乗り口となりました。

2)グリップ力

こちらはCORSAの売りだけあって、カーブでかなり車体を倒せるようになった印象です。ザフィーロの時は、う〜んおっかないなあ(^^;というのが、CORSAではまだまだコントロールしている感があるようで安心感があります。

3)転がり抵抗

正直よくわかりませんが、悪くはないかなという感覚です。

4)見た目

タイヤの側面がベージュのものとグレーのものがありますが、私が選んだのはグレー。黒のタイヤ面、グレーの側面、ホイールと、微妙な三層の色合いがグラデーションぽく、個人的には気に入っています。

また、トレッドパターンが縦に細い線のように走っているのも特徴で、グリップの良さと転がりの良さを象徴しているいうな印象を与え、こちらも悪くないと思います。

最後に

ということで、pinarelloのGAN RS用クリンチャータイヤとしては自信を持ってお薦めできます。

 

 

 

-ロードバイク

Copyright© Pinarello Gan RS Blog , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.