ロードバイクpinarello駆るオヤジのインプレ日誌

Pinarello Gan RS Blog

癒し

草津温泉

投稿日:

休息の必要性

健康状態を保ちつつ運動強度を上げるためには休息も重要。特に50歳を超えると休息を惜しんだためにオーバーワークで体調を崩すことはよくあることです。私の場合も、休息をケチった為に肉離れになったりというのはよくありました。(^^;

ということで、先日の富士山登山の疲れを癒すのと家族サービス目的で草津温泉に行ったインプレを書きます。

インプレ

実は東京在住は27年と長いのですが草津温泉は始めて。温泉マニアではありませんが、西日本出身なので、湯布院、別府、指宿、霧島、湯本、城崎、奈良の十津川、それから東北の乳頭温泉郷、近場の箱根などなど、永く生きているのでそれなりに温泉に行きましたが、確かに草津は日本温泉ランキングNo.1なんだなあというのはわかる気がしました。

湯の質

詳しいことはわかりませんが、お湯に僅かなトロミっぽい感触があって、お湯が肌にまとわりついてくるニュアンスを覚えました。この感覚がなんとも言えず、肌が保湿されてすべすべになっていくかのような(実際のところはよくわかりませんが)印象でとても気に入りました。

湯の色

湯畑のイメージが残像となって残って何と無くグリーンがかっているような印象で、これがまた、白濁色の湯とは違うワイルドではない何か高級なイメージが連想され満足度をあげてくれます。

湯の香り

湯畑では硫黄臭がかなりするのですが、私が泊まった宿は湯畑から結構離れているので、ほんのりとした僅かな硫黄か何かの匂いといった何処と無く芳しい香りがします。

効能

まあ、たまたま、富士山から下山して四日目だったので筋肉痛の回復期とだぶっただけだと思いますが、前日までは階段を下るのがかなりの苦痛だったのですが、大腿四頭筋周りの筋肉の強張りがとれ、左足の親指の爪の血豆の痛みも気にならないレベルまで回復しました。温泉の効能かどうかは全くわかりませんが、湯治にきた甲斐があったと思いたくなってしまいます。

結論

草津温泉は始めてきましたが、湯葉のある温泉街の風情も味わいがあり、是非お薦めしたい温泉です。

 

-癒し

Copyright© Pinarello Gan RS Blog , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.